関関同立

関学・立命館ダブル合格進学先2022

関関同立の中では同志社の次を争う関西学院(関学)大学と立命館大学。

以前は関学の方が良かったのですが、近年は全国的な知名度から立命館の方が良いという話もあります。

実際、関学と立命館両方ダブルで合格した学生はどちらの大学に進学したのか?

検証してきたいと思います。

関西学院VS立命館W合格進学先

●法学部

  • 関学法42.9% 立命館法57.1%

●経済学部

  • 関学経済87.5% 立命経済12.5%

商・経営学部

  • 関学商58.3% 立命経営41.7%

●文学部

  • 関学文50% 立命文50%

●社会学部

  • 関学社会70% 立命産業社会30%

理工学部

  • 関学生命環境0% 立命館生命科学100%

●総合

  • 関学64% 立命館36%

出典

週刊朝日2021/12/31号

関学・立命館ダブル合格進学先まとめ

  1. 昨年度のデータで見る限り、関学の方が立命より人気と言える。
  2. 特に、文系学部は関学>立命館の傾向が強い
  3. 理系学部は学科にもよるが、立命館>関学になってきている
  4. 関西圏の予備校では数年前まで同志社・関学コースと立命・関大コースに分かれているところが多かったので、関西では関学>立命のイメージを持っている人が多い

関学と立命館のダブル合格進学先についてまとめると以上のようになりました。

関西圏ではまだまだ関学が強く、トータルでは関学を選ぶ人が64%、立命館が36%となっています。

ただし、関西圏以外では関学は関大で区別がつかない人が多く、立命館の方が知名度は圧倒的に高いです。

関学はかんせいがくいんではなく、かんさいがくいんと思っている人が大多数です。

個人的な意見で言うと、関西圏に残りたいなら関学の方が立命館よりイメージも良く、関学に進学した方がいいと思いますが、東京で就職したいなら立命館の方がおすすめのような気がします。