MARCH

学習院大学高校別合格者数ランキング2022

明治・青学・立教・中央・法政・学習院の大学群であるGMARCHでは2022年の入試で青山学院大(青学)と法政が志願者を大幅に増やしていました。

学習院の志願者数は昨年よりもやや減で終わり、1万6621人が志願して4687人が合格の競争率は3.5倍。例年よりもやや広き門となったようです。

学習院大学の合格者数ランキングは、例年通り埼玉の進学校が上位を占めており、次いで、東京、神奈川・千葉の進学校からバランスよく合格者が出ており、上位に入る高校も私立・公立のバランスが良いです。

そんな学習院大学ですが今年の高校別の合格者数はどのようになっているのでしょうか?

学習院大学高校別合格者数ランキング2022

※途中経過

順位 高校名(都道府県名) 合格者数
1位 大宮開成(埼玉) 74名
1位 淑徳与野(埼玉) 45名
3位 川越東(埼玉) 42名
4位 蕨(埼玉) 38名
5位 桐蔭学園(神奈川) 38名
6位 浦和第一女子(埼玉) 34名
7位 開智(埼玉) 33名
7位 小金(千葉) 33名
7位 東葛飾(千葉) 33名
7位 東京都市大等々力(東京) 33名
11位 春日部(埼玉) 32名
12位 國學院(東京) 31名
13位 川越女子(埼玉) 30名
14位 豊島岡女子学園(東京) 28名
14位 城北(埼玉) 28名
16位 北園(東京) 27名
17位 不動岡(埼玉) 26名
17位 栄東(埼玉) 26名
19位 熊谷(埼玉) 25名
19位 船橋東(千葉)ほか 25名

出典 サンデー毎日2022/3/13号より

学習院のランキングではMARCH合格者数1位常連の大宮開成が今年も1位を獲得し、中央大、法政大、学習院大と三冠を達成しています。

他は淑徳与野、浦和第一女子、蕨など常連校が上位に名を連ねており、かつて上位常連だった山手学院は今年22名とランク外になっています。

 

学習院大学高校別合格者数ランキング2022まとめ

  1. 学習院大は今年GMARCHの中でも志願者数をやや減らしており、競争率自体はも3.5倍と例年よりは緩い倍率となった
  2. 学習院大高校別合格者数ランキングでは毎年常連の大宮開成が今年も1位を獲得し、中央大・法政大と3冠を達成
  3. 学習院は淑徳与野、川越東、浦和第一女子など埼玉の進学校が上位を占めている
  4. 学習院大学のランキングは埼玉県の進学校を中心に、東京・神奈川・埼玉・千葉など首都圏の高校がバランスよく上位に入っている

以上、学習院大学の2022年の高校別の合格者数のランキングをまとめました。

今年やや志願者数を減らしただけに来年は隔年現象で志願者は増えると予想されます。

来年学習院大の受験を考えている高校生、浪人生はぜひ参考にしてください。