MARCH

中央大学法学部高校別合格者数ランキング2022

MARCHの中で最難関の中央大学法学部。

都心回帰でキャンパスを八王子から文京区に移転するようで今後早慶上智と同じぐらいの難易度になる可能性は十分あります。

中央大法学部は東京のみならず、埼玉、千葉、神奈川など関東一円からバランスよく合格者を輩出しています。

そんな中央大学法学部ですが今年の高校別の合格者数はどのようになっているのでしょうか?

中央大学法学部高校別合格者数ランキング2022

※2月入試

順位 高校名(都道府県名) 合格者数
1位 東京学芸大附属(東京) 44名
2位 県立浦和(埼玉) 43名
3位 県立千葉(千葉) 39名
4位 東京都市大等々力(東京) 36名
5位 県立川越(埼玉) 34名
6位 湘南(神奈川) 33名
6位 東海(愛知) 33名
8位 豊島岡女子学園(東京) 32名
9位 大宮(埼玉) 31名
9位 桐朋(東京) 31名
11位 桐光学園(神奈川) 30名
12位 春日部(埼玉) 29名
12位 厚木(神奈川) 26名
14位 旭丘(愛知) 26名
14位 吉祥女子(東京) 26名

出典 サンデー毎日2022/3/13号より

中央大学法学部は今年11767人志願して4273人が合格。競争率は2.8倍で中央大全体の中ではやや低いです。

ただ、合格者数上位にランクインしている高校は東大や早慶でも合格者数上位にランクインしているトップレベルの高校が多く、中央大の中でも法学部は別格であることがよくわかる結果となっています。

また東京だけでなく、愛知トップの私立東海高校や公立トップの旭丘高校等もランクインしています。

中央大学法学部高校別合格者数ランキング2022まとめ

  1. 中央大学法学部は2023年に八王子から文京区にキャンパスを移転し、今後確実に難易度が上がると思われる
  2. 中央大法学部高校別合格者数ランキングでは早慶や東大合格者数でも上位にランクインするトップレベルの高校が数多くランクイン
  3. 中央大法学部は今年11767人が志願して4273人が合格、倍率は2.8倍
  4. 首都圏だけでなく愛知県のトップである東海高校や旭丘高校もランクイン

以上、中央大学法学部の2022年の高校別の合格者数のランキングをまとめました。

来年は都心にキャンパス移転等もあり、確実に志願者は増えると思われます。

来年中央大学法学部の受験を考えている高校生、浪人生はぜひ参考にしてください。