京阪神

大阪大学(阪大)高校別合格者数ランキング2022

関西の国公立大学では2番目に難しい大阪大学(阪大)の高校別合格者数ランキングをまとめます。

京大に比べると阪大はやはり地元占有率が高く、京大のように愛知県の高校がランキング上位に入ることもなく、ほぼ関西の高校が上位を占めており、中でも公立トップ校の健闘が目立ちます。

京大合格者数上位の灘や東大寺学園、西大和学園などは医学部以外ではランキング圏外となっています。

そんな大阪大学の高校別の合格者数は今年どのようになっているのでしょうか?

大阪大学(阪大)高校別合格者数ランキング2022

順位 高校名(都道府県名) 人数
1位 三国丘(大阪) 71人
2位 茨木(大阪) 64人
3位 北野(大阪) 61人
4位 大手前(大阪) 55人
4位 天王寺(大阪) 50人
6位 長田(兵庫) 48人
7位 膳所(滋賀) 46人
8位 四条畷(大阪) 41人
9位 金沢泉丘(石川) 40人
10位 市立西宮(兵庫) 35人
11位 高津(大阪) 34人
11位 奈良(奈良) 34人
13位 加古川東(兵庫) 33人
13位 洛南(京都) 33人
15位 大教大付属池田(大阪) 32人
16位 神戸(兵庫) 31人
16位 大阪桐蔭(大阪) 31人
18位 四天王寺(大阪) 26人
18位 六甲学院(兵庫) 25人
20位 兵庫(兵庫) 24人
20位 清風南海(大阪)ほか 24人

出典

サンデー毎日2022/4/10

大阪大学は今年8358人が志願して3338人が合格。競争率は2.5倍。

南大阪トップの公立校である三国丘が1位を獲得し、北摂トップの茨木が高校が2位、
大阪の公立トップ校である北野が3位にランクイン。

地方からは金沢泉丘高校が唯一ベスト10入りを果たしています。

私学では洛南を除くと、大阪桐蔭、四天王寺、六甲学院、清風南海と準トップの進学校が上位にランクイン。

大阪の公立高校が学区制を撤廃したこともあり、公立トップ校や準トップ校の健闘が目立っており、高校からの3カ年で阪大現役合格を果たしている生徒も増加しています。

その他有名高校の阪大合格者数は大教大天王寺20名、大阪星光学院14名、清風10名、明星8名、開明9名、桃山学院18名、東大寺学園18名、高槻17名、洛星12名、大教大平野11名等。

大阪大学(阪大)高校別合格者数ランキング2022まとめ

  1. 大阪大学は今年8358人の志願者数で3338人が合格、競争率は2.5倍
  2. 大阪の公立高校が学区制を撤廃した影響もあり、ランキング上位校の多くが大阪の公立トップ校
  3. 灘、東大寺、西大和学園、洛星、白陵、大阪星光学院など最難関校は医学部以外阪大の合格者数は少なく、ランキング入りしない
  4. 京大に比べると関西の高校がランキング上位のほとんどを占めるが、石川県トップの金沢泉丘高校が今年40名阪大合格者を出し9位にランクイン
  5. 大阪・兵庫・奈良のトップの進学校からの合格者が多く、京都からの合格者はやや少ない

以上、大阪大学の高校別の合格者数ランキングについてまとめました。

他に阪大は後期入試が廃止されて数年経ちますが、ランキング自体に大きな変化はないようです。