京阪神

京都大学(京大)高校別合格者数ランキング2022

関西の国公立大学では最も難しい京都大学(京大)の高校別合格者数ランキングをまとめます。

京大は関西圏以外の東海圏(愛知県)の高校が上位にランクインしていることや、灘、東大寺、西大和、甲陽学院、洛南、洛星など関西の最難関の私立高校が上位にランクインしているところが阪大や神大とは大きく異なるところ。

特に今年は愛知県のトップ校からの合格者が急増しています。

そんな京都大学の高校別の合格者数は今年どのようになっているのでしょうか?

京都大学(京大)高校別合格者数ランキング2022

順位 高校名(都道府県名) 人数
1位 北野(大阪) 91人
2位 東大寺学園(奈良) 76人
2位 洛南(京都) 76人
4位 天王寺(大阪) 53人
4位 清風南海(大阪) 53人
4位 甲陽学院(兵庫) 53人
7位 灘(兵庫) 48人
8位 堀川(京都) 44人
9位 膳所(滋賀) 41人
10位 西大和学園(奈良) 40人
10位 旭丘(愛知) 40人
12位 洛星(京都) 39人
13位 東海(愛知) 36人
14位 奈良(奈良) 31人
15位 岡崎(愛知) 29人
15位 四日市(三重) 29人
17位 西京(京都) 28人
17位 大阪桐蔭(大阪) 28人
19位 大阪星光学院(大阪) 27人
20位 神戸(兵庫) 25人
21位 高槻(大阪) 24人

出典

サンデー毎日2022/4/10

京都大学は今年7704人が志願して2833人が合格。競争率は2.7倍。

北野高校が昨年に引き続いてトップで2位は東大寺学園、洛南が76人で並んでおり、天王寺が昨年5位から4位、昨年4位の甲陽学院が今年6位となっており、基本的に常連校が上位を占めました。

唯一南大阪のトップ私立清風南海が昨年22名から53名と31名も合格者を増やし5位に浮上しています。

西大和学園は昨年63名から40名と東大志向の受験生が増えたせいか京大合格者をやや減らしています。

大阪の公立高校が学区制を撤廃したこともあり、北野、天王寺など公立トップ校の健闘が目立っており、高校からの3カ年で京大現役合格を果たしている生徒も増加しています。

冒頭のように今年は愛知県勢の旭丘、東海、岡崎が京大合格者数ランキング上位に喰い込んでおり、コロナ等もあり東大よりも距離的に近い京大を受験する受験生が増加したと思われます。

その他有名高校の京大合格者数は三国丘19名、茨木22名、長田19名、開明18名、清風17名、明星12名、桃山学院4名、四天王寺14名、京都女子7名、高津7名、奈良学園6名、白陵15名、帝塚山15名、大教大天王寺11名、関西大倉10名、立命館4名、開成10名、ラ・サール8名など。

京都大学(京大)高校別合格者数ランキング2022まとめ

  1. 京都大学は今年7704人の志願者数で2833人が合格、競争率は2.7倍
  2. 大阪の公立高校が学区制を撤廃した影響もあり、北野、天王寺など大阪の公立トップ校が京大合格者数を急増させている
  3. 灘、東大寺、西大和学園、甲陽学院、洛南、洛星、白陵、大阪星光学院など最難関校も上位にランクイン(阪大や神大と異なる)
  4. 愛知県からの合格者がかなり増加しており、旭丘、岡崎、東海など名古屋のトップ私立や公立高校が上位にランククイン

以上、京都大学の高校別の合格者数ランキングについてまとめました。

他に今年は関東の進学校からの合格者も例年に比べて多かったようです。

県立浦和21名、麻布14名、日比谷12名、東京学芸大附属9名、県立船橋13名など。

来年以降も増えるのか注目していきたいと思います。