関関同立

立命館大学偏差値2023一覧

立命館大学偏差値2023一覧

※文系学部

  • 法 55
  • 産業社会 54.5
  • 経営 56.3
  • 政策 55
  • 総合心理 57.5
  • 国際関係 57.5
  • 文 56.3
  • 経済 52.5
  • スポーツ 50
  • 映像 55
スポンサーリンク

※理系学部

  • 理工 52.5
  • 情報理工 52.5
  • 生命科 52.5
  • 薬 55.0

※河合塾の偏差値を基準。

総評

立命の文系の偏差値は55前後。

大阪・茨木キャンパス開設以降阪神間や神戸方面からのアクセスがものすごく
良くなったので経営学部の偏差値が上がって来ている。

一方でBKCにある経済学部の偏差値が52.5で近大経済の偏差値と並んでいる。

立命は関関同立の中で英語の問題が特徴的で
文法・語法や会話文が得意なあなたは有利な展開を期待できる。

同志社や関学のような超長文も出題されないので
普段から速読英単語などで長文を読んでいると立命の長文は比較的楽に読める。

日本史など選択科目はやや難しいが、難問は捨てて、
教科書レベルの標準的な問題をこぼさないことで十分合格点に届く。

理系の偏差値は52.5前後。

関関同立では同志社に次いで第2位。

文系学部は関学に負けるが、理系学部に関しては現在立命館の方がやや上という印象で
W合格の場合、関西圏以外の受験生はまず立命館を選んでいる。

立命の理系の就職は偏差値以上に良く、誰もが知っている超一流企業に多数内定を獲得している。

まだまだ今後伸びるかもしれない可能性を持った大学の1つである。

受験生はぜひ参考にして欲しい。