関関同立

関西学院大学(関学大)偏差値2023一覧

関西学院大学(関学大)偏差値2023一覧

●文系学部

  • 文 54.5
  • 社会 55
  • 法  55
  • 経済 55
  • 商 55
  • 人間福祉 52.5
  • 教育 55
  • 国際 62.5
  • 総合政策  52.5
スポンサーリンク

●理系学部

  • 理 55
  • 工 52.5
  • 生命 52.5
  • 建築 52.5

※河合塾の偏差値を基準

総評

関学の平均偏差値は文系学部で55前後。
理系学部で52.5程度である。

今年の関関同立の偏差値では同志社>関学・立命館・関大となっており、関関立はどんぐりの背比べとなっている。

また、河合塾の偏差値では文系は立命館>関学となっているが、以前として関西圏では関学ブランドが強く、関学と立命W合格の場合多くが関学を選択する。

関西圏以外では近年立命館を選択する受験生が多い。

関学の文系学部はとにかく英語力がものを言うので、普段から長文を読みなれること、さらには文法語法を取りこぼさないようにすることが重要。

日本史は正誤問題は必出で、用語だけでなく教科書の流れをつかむ訓練をする必要がある。

関学はやや問題が難しいので、同志社や関大のようにそこまで高得点を取る必要はなく、
ミスを出来るだけなくして、取れる問題を取りこぼさないことで十分合格できるので頑張って欲しい。