MARCH

私大入試で自己採点や答え合わせをしない方がいい理由はなぜ?

早慶上智・東京理科大・GMACRH・関関同立など難関私立大の入試が終わると、すぐに各大手予備校が解答速報を出します。

河合塾・駿台予備校・代々木ゼミナール・東進ハイスクール予備校・エール予備校などが一斉に毎年解答速報を出すんですね。

受験生としては自己採点をすぐにでもしたくなるところですが、個人的な意見を言うと入試が終わるまでは基本的に自己採点はしない方がいいです。

難関私大入試で自己採点をしない方が理由はなぜ?

これは、入試の出来が良かったら良かったで、受かったー!と勝手に思って油断して勉強しなくなるし、出来が悪かったら悪かったで、目の前に控えている入試に悪影響を及ぼすから。気の小さい受験生の場合は特に。

仮に入試の出来が良くても他の受験生みんなも出来ていて合格最低点が一気に上がることも考えられます。

これによって実際には落ちてしまうケースも多々あるんです。

逆に、入試の出来が悪い場合は全部落ちてるわ、どうしようとか思うと、次の大学入試で普段以上にプレッシャーがかかってしまい、いつも以上に緊張して頭が真っ白になったり力を発揮できなくなる受験生もいるからです。

それから入試当日にもあの問題何にした?とかあそこ何て書いた?とか答え合わせをしてくる受験生ってあなたのまわりにも必ずと言っていいほどいると思います。

そういう場合はごめん俺答え合わせはしない主義だから!
とはっきり言って、絶対に入試当日に答え合わせはしないようにしましょう。

尾を引いて、次の試験科目の問題に響いたり、ふと試験中に答えが気になりだしたり、
そっちに気がいってしまって集中出来なくなって、本当に悪い影響を及ぼすからです。

とにかく俺、答え合わせはしない主義だから!とはっきり言って、答え合わせをする受験生からは断固拒否した方がいいです。

とにかく、目の前にある入試に集中する為に、答え合わせや自己採点は一切しないこと。

特に、早慶上智・MARCH・関関同立などの難関私大の場合、合格ラインが高いことが多く、本当に1個のミスで不合格になってしまうことも多々あります。

入試本番でのちょっとした出来事でミスしてしまい、普段なら合格する受験生や模擬試験でAを連発している受験生でも落ちてしまう危険性が本当によくあるからです。

なので、何度も繰り返しになりますが、私大入試の本番の場合は特に入試の真っ最中に答え合わせや、入試終了後に答え合わせはしないこと!

これに尽きます。